低分子コラーゲン

コラーゲンとヒアルロン酸の相性バツグン

コラーゲンとヒアルロン酸が協力して効果アップ

コラーゲンもヒアルロン酸も、美容に気を付けている人にとってはすっかりおなじみの美容成分。しかし、コラーゲンとヒアルロン酸は体内に入って作用する役割が全く違う成分です。

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、体内にあると細胞の弾力性やハリなどを高める働きをします。

 

肌や髪にはアンチエイジング効果が期待でき、また加齢による関節痛で悩んでいる人にとっては、コラーゲンを摂取することによって関節部分にある軟膏が強くなり、関節痛を軽減する効果も期待できます。

 

一方ヒアルロン酸は、タンパク質ではなくムコ多糖類の一種。体内で生成されている成分という点ではコラーゲンと同じですが、年齢とともにどうしても作られにくくなってしまう成分です。

 

ヒアルロン酸は細胞内に保水を行う役割をしているので、スキンケアなどでヒアルロン酸を補給してあげると、肌細胞が保湿保水されて、みずみずしく透明感のある肌質を手に入れることができます。

 

コラーゲンとヒアルロン酸を同時に摂取すると、どんな効果があるのでしょう?

 

弾力性を担当するコラーゲン、そして保湿を担当するヒアルロン酸を同時に摂取することで、相乗効果が期待できます。

 

肌細胞の一つ一つにヒアルロン酸の働きによって水分が閉じ込められ、その水分が蒸発しないようにコラーゲンが細胞の周辺をガードしてくれるのです。

 

それぞれの成分を普段の食生活の中で十分に摂取しようとするのは大変なので、コラーゲンドリンクなどを利用して手軽に摂取するのが良いでしょう。

 

コラーゲンが不足している女性にぴったりのサプリは?