低分子コラーゲン

コラーゲンドリンクの原料は動物よりも魚由来を選ぼう

コラーゲンドリンクの原料は動物よりも魚由来を選ぼう

コラーゲンと一口に言っても、メーカーによって原料は全く違い、現在一般的になっているのは、豚の皮を原料としたものと魚のウロコを原料としたものです。

 

コラーゲンの呼び名は、動物性コラーゲンや豚由来、マリンコラーゲンやフィッシュコラーゲンなどいろいろありますが、これはメーカーごとに呼び名を変えているだけで、根本的な原料は変わりません。

 

他にも、馬やすっぽんなどが原料となっているコラーゲンもありますが、もっともポピュラーなのは豚と魚になっています。

 

コラーゲンなんだからどの原料でも同じでしょと思うかもしれませんが、同じコラーゲンでも原料によって大きく違うものがあるのです。

 

それは吸収率の差で、いくらコラーゲンを摂取しても体内で吸収されなかった場合には尿や便の老廃物とともに体外へと排出されてしまいます。

 

つまり、コラーゲンの含有量が多いものだったとしても、吸収率が悪かったらまったく意味がなくなってしまうのです。

 

コラーゲンの効果を得るにはまず体内に吸収されなくてはならず、吸収率が高いコラーゲンを選ぶことが大事になってくるのです。

 

動物と魚を比べると魚の方が圧倒的に吸収率が高いことが分かっています。

 

吸収率が高ければ、お肌への効果も比較的早く実感出来ますので、モチ肌になる目的のためにコラーゲンを摂取しているという方はその肌を手に入れるために吸収率の高い魚が原料となっているコラーゲンを摂るのが一番といえるでしょう。

 

吸収率の高いマリンコラーゲンサプリなら?