低分子コラーゲン

30代以降に必要な1日のコラーゲン量は?

30代以降に必要な1日のコラーゲン量は?

コラーゲン

コラーゲンは体内で合成されますが、その量は20代を過ぎると少しずつ減り始め、30代からは急激に減少します。

 

肌のハリや弾力を支える元となるコラーゲンが不足すると、しわやたるみなどの老化に繋がるので、合成量が減少した分は食事などから補う必要があります。

 

では、どのぐらいの量を補えばいいのか、というと一般的には5000mgを摂取するのが理想とされています。

 

年齢や体重などによって若干の個人差はありますが、5000mgを補給していけば健康で健やかな肌を保つことができます。

 

コラーゲンはいろいろな食材に含まれているので、栄養バランスが整った食事を3食摂れば3000mgから4000mg程度は補うことができます。

 

ただ、摂取したコラーゲンがすべてが肌に使われるわけではなく、関節で骨同士がぶつからないように軟骨でクッションの役割などもしています。

 

それに食材に含まれるコラーゲンは分子量が大きいので、摂取した量すべてを吸収できるわけでもありません。

 

そのため、いくら食材からある程度補給は出来ても、不足している分をしっかり補って肌のコラーゲンをサポート出来るとは限らないのですね。

 

しかもコラーゲンが含まれる食材は高カロリーのものが多いため、必要な分を補うとなるとカロリーオーバーになってしまいます。

 

ですので、コラーゲンは必要量を摂取することも大事ですが、摂取する方法も重要になるのです。

 

コラーゲン5000mgをしっかり摂取するには、サプリメントなど低分子化されていて吸収しやすくなっているものから摂るようにしましょう。