低分子コラーゲン

コラーゲン摂取で副作用は大丈夫?

コラーゲン摂取で副作用は大丈夫?

副作用なしで安心

コラーゲン摂取でいろいろな健康効果が得られることは分かりましたが、反対に副作用の心配はないのでしょうか。

 

コラーゲンを摂取しても副作用の心配はなく、コラーゲンはもともと体内で合成されるものですから、サプリメントで摂取をしても問題ないと言われています。

 

また、コラーゲンのサプリメントなどは薬ではないので、基本的に副作用もありません。

 

加齢とともに合成量が減少し、さらに食事などからも十分に摂れないのですから、美容はもちろん体の機能を維持するためにもコラーゲンをサプリメントなどで摂取することは悪いことではないのです。

 

ただし、コラーゲンを過剰に摂取すると、体の機能を狂わせてしまうことがあります。

 

細胞というのは、栄養が補給されることで分裂を繰り返して、ダメージから回復させています。

 

この栄養は基本的に供給量が一定しているため、急激にたくさんの量を補給してしまうと、細胞は体に異常が起こったと勘違いします。

 

そのため、疱疹などの症状が現れてしまうことがあるのです。

 

また、コラーゲンはタンパク質の一種ですが、質の悪いコラーゲンサプリメントだと変質してしまうため体内で分解されません。

 

低品質のコラーゲンは製造に手間暇をかけず、低コストで大量生産されるので、変質したタンパク質として体内に蓄積されてしまい、アレルゲンとなることがあります。

 

ですので摂取量を守ることも大事なのですが、コラーゲンは品質によって体に害を与えることもあるため注意が必要です。

 

ちなみに、コラーゲンを吸収するためには、亜鉛やビタミンC、酵素やミネラルなど他の栄養素の働きが必要になります。

 

もしこれらの栄養素が不足していたり、許容量を超えると、どんなにたくさんコラーゲンを取り込んでも吸収されずに排出されてしまうので、いろいろな栄養素とバランスよく摂取しましょう。