低分子コラーゲン

コラーゲンとヒアルロン酸の違いって何?

コラーゲンとヒアルロン酸の違いって何?

コラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも真皮層で保湿をする成分として基礎化粧品にセットで配合されていることが多いですね。

 

そのためどちらも保湿力がある、と言うイメージしかないかもしれませんが、もちろんそれぞれに異なる働きを持っています。

 

コラーゲンの重要性を知るためにも、ヒアルロン酸との違いを知っておきましょう。

 

コラーゲンというのは、皮膚組織の中でもっとも厚みのある真皮に存在していて、なんと7割もの重量を占めるコラーゲン線維を構成しています。

 

コラーゲン線維は、網目のように真皮の中に張り巡らされていて、コラーゲンの量が不足していなければ、網目はピンと張って表皮のハリを保ちます。

 

一方、ヒアルロン酸も真皮に存在していますが、場所はコラーゲン線維の網目の隙間です。

 

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分を保持する、優れた水分保持機能を持っているので乾燥肌を防ぎます。

 

また、網目の隙間にこのヒアルロン酸が存在することで、コラーゲン線維の間は水分でしっかり埋め尽くされるので、表皮の弾力が保たれるのです。

 

このように、コラーゲンとヒアルロン酸は表皮を支える役割は共通しているものの、存在の仕方がまったく違うのですね。

 

ただしどちらが欠けても、肌は水分を保ったりハリを保つことが出来ません。

 

例えば、乾燥肌を改善したり肌の弾力を取り戻したいからといって、ヒアルロン酸だけ摂取してもコラーゲンが不足したら保持した水分は流れ出てしまいます。

 

ですのでモチ肌になるために美容成分を摂る場合は、ヒアルロン酸だけではなくコラーゲンもしっかり摂取することが必要なのです。